ホーム » 忘れてはならない休暇の確認

2019年10月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

  • カテゴリーなし

忘れてはならない休暇の確認

転職をするときには、求人誌やサイトなどを利用して募集要項や条件を確認するはずだ。その際に初心者が勘違いしやすい用語がいくつかあるので、間違わないように理解しておく必要がある。

よく勘違いしてしまいがちな用語が、週休二日制と完全週休二日制だ。どちらも週に二日休みがあるのではと思うかもしれないが、実は意味が全く違っている。

完全週休二日制なら、完全に週のうち二日は休みをもらうことができるが、週休二日制と書かれている会社の場合、週に二日休みがある週が月に一度はあるという意味になる。同じように感じる表現でも全く意味が違ってきてしまうため、注意点として覚えておくべくだろう。

また、完全週休二日制にも落とし穴がある。
例えば祝日もあるため今週は三日休みがあると思いきや、祝日は出勤というケースがある。土日祝日が休みの会社だけでなく、お店のように年中無休の職場もあり、シフト次第では休み方についても不規則になることも少なくない。
休み方は会社によってルールが違ってくるため、面接時などに確認をしておくと良いだろう。

休み方では、有給休暇についても確認しておく必要がある。
多くの会社で半年以上や一年など一定期間働いていると、有給休暇をもらえるようになる。そしていつから有休を使えるのかも、会社によってルールが違っている。
有給休暇も労働者の権利の一つなので、いつからもらえるのかなども確認しておくと安心だろう。

転職初心者だと給料などに目がいきがちだが、しっかりと休めるかどうかも働く上で重要なことなので、確認は忘れないようにするべきだろう。