ホーム » タイムスパンを考えて取り組む転職活動

2019年10月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

  • カテゴリーなし

タイムスパンを考えて取り組む転職活動

新しい仕事を予定通りに始められるようにするのは、転職活動をする上で重要な考え方だ。

そのポイントとして押さえておかなければならないのがタイムスパンであり、転職活動を始めてからどの程度の期間で次の仕事を始められているのかを知っておくと役に立つだろう。

一般的な傾向として、転職活動を本格化して求人に応募するようになってから採用内定を得られるまでの期間は、三ヶ月から六ヶ月程度になっている。期間が短くて済んだ人の場合には一ヶ月程度しかかからないものの、長い場合には一年以上かかることもあるので注意しなければならない。

転職先を決めてからも多少は入職まで待ってもらうことはできるが、先方との交渉次第なので、いつまでも待ってもらえるとは思わない方が良い。入職に合わせて退職手続きを進めることも重要になるため、応募を始めてから三ヶ月程度で退職を終えられるように手筈を整えておくと良いだろう。

このようなタイムスパンを考えて計画的に手続きを進めていくメリットは、ただ退職と入職の間のタイムラグを減らせるだけではない。退職が遅れてしまったために内定を取り消されてしまうリスクも低減させることができる。

希望する転職先から内定をもらえたとしても、すぐに入職できないなら他の人材を探そうと考えられてしまう場合もある。人材確保が急務になっている現場ほど入職日を待ってくれないため、十分に計画して退職手続きを進めておくことが欠かせないだろう。